CLOSE

RIESS(リース)「オーストリアで最後の琺瑯製造メーカー」

1550年オーストリアにて創業。創業時は鍛冶屋を営み、現在の商品の原型となるフライパンやケトルを作り始める。1800年からRIESSファミリーの手に渡り、現在6代目。一般家庭向けの調理器具からプロの料理人が使用する調理器具を提供する総合調理器具メーカー。オーストリアで唯一の調理器具メーカーであり、オーストリアで最後の琺瑯製品を作るメーカー。

「人にも環境にも安全で優しい企業を目指す」

原料へのこだわり

天然資源を侵さないよう、地球上に十分資源があり、天然で環境に優しい原料のみを使用。また、製品は100%再利用が可能で製造過程で発生するクズもすべて再利用されています。

エネルギーの創出

琺瑯製品の製造に必要な電力は水力発電を利用。1936年からは自前の水力発電で完全供給を実現。公害の原因となる煙や産業廃棄物も一切出さない。

エネルギーの再利用

水力発電からの電力で熱せられたオーブンの熱(800℃)は「琺瑯製品を焼く」「製品を乾燥させる」「製造工程で使用する温水やセントラルヒーティング」の3つの用途に利用されます。

梱包材

できるだけビニール製品を使わず、リサイクルが可能な包装紙とダンボールを使用しています。